スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

本物のサイトがこれから求められる

2012年06月07日

最近本業が多忙となり、閉鎖しようと思ってました。また検索対策をしてないので、最近圏外に飛びました。。。が、それでもPV数は変わらないです。何故だろう?ありがたいことです。

さて本題。

最近、様々なキーワード検索で、情報の乏しいアフィリサイトが上位に来るようになりました。「乏しい」はまだ良いのですが、「嘘情報」を掲載したサイトが散見されます。SEOを勉強されてる方たちが、サイトを作っていると思いますが、コンテンツをもっと充実してほしいのと、多方面から情報を収集し、分析してから正確な情報を掲載してほしいです。

求める情報が一つのサイトで満足できず、複数サイトを徘徊しなければならないのと、急いでいる時に限って「嘘情報」に騙されそうな時があります。
これすなわち、逆の考えで、本物の情報サイトが求められてないでしょうか?そう思うのは僕だけではないはず。

例えば、身近な「病気」のサイトは上記傾向が強いです。
自分の経験を載せるのは良いですが、必ずしも他の人もその病気とは限りません。

さらに例えるなら「病名×名医」。
皆さんにとって名医とは何でしょう?
患者はそこそこ診れますが、論文執筆で有名になった「お偉い」医師を探している訳ではないはずです。

「薬の処方」ならば、たくさん勉強してる医師、
「手術」ならば、たくさん経験している医師、
「診断」なら精度の高い機器のある施設を知りたくありませんか?
昔は名医だったけれども、今や老眼で指が動かない医師の古い情報も必要ないです。

上記他にも、法律、不動産、投資関係などのサイトにも上記傾向を感じます。
雑誌や本で掲載された情報は古くて、広告性が強く、実際には役に立たない場合があります。古い、偏った情報をサイトに載せられても見る側が困ります。

情報が新鮮で、正確な情報が豊富なサイトが、これから求められると思います。