スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

赤字の事業所得を給与と損益通算して節税する方法

2011年10月30日

実は過去に一度この内容を記事にした事あるのですが納税は国民の義務なのですぐに破棄しました。しかしこの方法を紹介する本が複数出てきており、中には説明不十分だと思う本があるのでここで補足も含めてご紹介する事にしました。

僕の場合、前記事にも書きましたが会社にバレると立場が悪くなり家族にも迷惑をかけるので副業収入は妻名義で申告してます。これが一番会社にバレるリスクが少ない方法です。あくまでもこの方法を僕は推奨します。

しかし会社にバレても大丈夫な人や、副業OKな会社に勤めている方は次の様な節税方法があります。

サラリーマン副業の確定申告を雑所得でなく、事業所得として赤字で確定申告する、いわゆる自分の給与との損益通算する方法です。つまり収入額より経費等がどうしても増えて赤字になり、サラリーマン給与で取られている税金を還付させる方法です。

まずは税務署に開業届を出し、副業を事業として認めてもらわなければなりません。アルバイトなど雇用された場合はだめですが、継続的な収入があれば事業として認められる可能性が高いです。

僕自身出来るかどうか税務署で確認しましたが、すでにホームページ制作会社を妻名義で開業届けを出し毎月お金の振込みもある事から、代表を妻から僕名義に変更すれば、サラリーマン給与と事業収入の損益通算が出来ると確認出来ました。

仮にこれをやったとして、会社にバレる原因は、副業を自分で言ってしまうという事以外に、毎年5月ごろに手元に来る市民税・県民税特別徴収税額の決定通知書だと思います。



俗に「特別徴収」を「普通徴収」にするという方法は、事業所得が赤字ですので意味がありません。「普通徴収」にする方法は、事業所得が黒字の時に「住民税は自分で収めます」という方法です。

上記の「その他の所得計」に赤字数字が入っているのを経理担当者が見れば不思議に思うでしょう。ただ、数十万~数百万単位の数字がプラスで所得が増えてれば「あ、この人給与以外に収入がある」と思われますが、マイナス表記されるので、経理担当がこれを節税目的の副業と思うかどうかは分かりません。不思議には思うでしょう。

ちなみに医療費が年間10万円を超えた時に医療費控除として節税出来ますが、その金額は所得控除の項に載りますので、「昨年は医療費控除の申告をしました」という言い訳は通用しません。

経理や上司から指摘された時にどのように言い訳するか事前に考えておくと良いでしょう。

上記の通知書が市役所から、会社のどこの部署、人を通って自分の手元に来るか知るのも一つの手です。また住民税を極端にゼロにしようなど考えず、目立たない程度にするのも良いと思います。

僕の会社(一部上場企業)の場合、この通知書は市役所から本社人事部、各支店管理部、直属上司を通り自分の手元に来ることが分かりました。所得税、住民税関係は本社の人事部給与担当が管理しています。

人事部長直轄の人事部給与担当が見るので非常にリスキーな方法であることがお分かり頂けますでしょうか?

もしこれがうまく行けば節税対策となりますが、数百万単位の赤字額は、かなり無理な経費計上が必要です。目先の得でなくサラリーマン生活がまだ10年20年残っている人は、それまで赤字事業が続けられるのかも検討する必要があると思います。

上記はあくまでも情報として。責任はすべて自己責任で実行してくださいね。

やってみたいという方にお勧め本はこの一冊。

  


Posted by yoshi at 22:38Comments(5)副業の確定申告

10/27 ショートコメント

2011年10月27日

ユーロ/ドル相場は上昇。EU首脳会議で包括的な危機対応策の基本合意が成立したことを受けてショートカバーの動きが広がった。心理的な節目でありバリアオプションが控える1.40ドルの手前でもみあう動きだが、目先は1.41ドル程度までの戻り余地が残っているとみます。

インフレ率が鈍化していることもあり、来年中ごろまでは現行金利水準を維持する可能性が高い。このため来週開かれる豪金融政策決定会合では、RBAが0.25%の利下げに踏み切ることも想定される。欧州金融機関が来年6月末までに自己資本比率を9%まで引き上げることを求められるため、新興国に悪影響が及ぶリスクが高まっていることもネガティブな材料です。

ドル/円相場は神経質な値動きが続く。日銀の追加緩和発表後は、緩和策が想定の範囲内にとどまったことや依然介入が見送られていることが嫌気され、ドルロングの投げで再び76円を割り込む場面も。

当局が口先介入を強めたことで市場の期待値が高くなっており、実際に介入が行われてもその効果は減殺される可能性がある。来週のFOMCを控え引き続きドル/円の下振れリスクには注意。

8月5日、米国の債券格付け機関S&Pが米国債を格下げした。その理由は、7月米議会が米政府の財政赤字の削減を議論したのに、十分な赤字削減策に至らなかったので、急増する米国の財政赤字を米政界がうまく削減できそうもないとS&Pがみなしたからだった。
現行オバマ政権は10年間で4兆ドルの赤字削減を目標としているが7月に米議会が決めたのは、このうち1兆ドル分でしかない。残りは、共和党と民主党が特別委員会を作り、9月から審議を始め、11月23日の期日までに追加の赤字削減策を決めることになっている。

11月に入ると、特別委員会が赤字削減をまとめられそうもないという指摘が、米マスコミでしだいに大きく出てきて、夏にあった米政界の騒動が再演される可能性アリ。今後、米国債が再び格下げされるという予測があちこちから出てきそうで、国内の介入時期は非常に難しいタイミングを取らされることになるだろう。  


Posted by yoshi at 18:04Comments(0)株・FX・金投資

会社に副業がばれないようにする方法

2011年10月26日

サラリーマン(給与取得者)が副業って何すればいいんだ?という方はぜひ読んで下さい。

サラリーマンの方が副業を考える場合、後々後悔しないために会社の就業規則を良く読んで開始しましょう。
就業規則で副業がOKでしたら、給与が上がらない時代ですので、ぜひダブルインカムに挑戦しましょう。その場合、すぐにお金がほしい場合は、アルバイトがお勧めです。
本業に影響のないようにすればOKです。

就業規則で副業禁止の場合、バイトは同じ給与取得になり後々会社にバレる危険があります。下記の方法がありますが、万全ではないので細心の注意を払いながら開始しましょう。

~奥様名義で個人事業主として開業し奥様の収入とする~

夫婦の場合は奥様を、シングルの場合は母親など信頼出来る人を事業主にする。

副業が会社にバレるリスクは、この方法が一番低いでしょう。
万一会社に知られても自分は事業主ではないと言い張ることができるからです。

ただし税金の申告で「配偶者扶養控除」が受けられなくなる可能性はあります。

また会社から扶養手当を支給してもらってれば、奥様が事業主として所得を得れば、扶養手当が打ち切られる可能性はあります。

その場合事業主は奥様ですのでご自身が副業をしているかどうかははっきりとは分かりません。

もっとも副業で収入が十分に得られれば扶養控除のマイナス面は十分にカバーできるでしょう。

会社にバレた場合奥様が事業主であれば先述のように妻の事業を少し手伝ってやっているだけと言い訳ができるでしょう。

他の参考となると思う過去記事
赤字の事業取得と給与を損益通算させる方法
サラリーマン兼個人事業主の赤字申告は会社に知られる覚悟で


  


Posted by yoshi at 12:27Comments(0)サラリーマン副業

厚生年金保険料上限上げ

2011年10月25日

年収1000万円オーバーのサラリーマンのほとんどが、厚生年金保険料月額上限62万円で保険料5万877円で止まっていると思いますが、今後この上限を引き上げる検討がされることになりました。

117万5千円の健康保険の上限と合致させるようです。
そうなると毎月引かれる厚生年金保険料は最大9万9千円。

さて…そろそろ日本脱出…できないサラリーマンはやはり負け組ですかな。
年少扶養控除廃止、子ども手当は所得制限でもらえない、年金受給は70歳、その厚生年金保険料上限も上げられ、消費税も上がる。そして年金は払った分ももらえない。

年収1000万円オーバーのサラリーマンの方々、狙い撃ちされてますねぇ。
皆で会社辞めて生活保護申請しますか?
僕は半分うつ病に片足入れてるのでいつでも申請出来ます。

自分が政治家だったらこれだけ増えた生活保護者を働く世代がもう支えられないから、生保の方には農業やってもらうなぁ。人が怖くてもコメ野菜相手なら大丈夫っしょ。(あ、独り言ね)

年金受給者より生活保護の方が毎月貰える額は多いし、しかも病院代タダの大特典付き。
気兼ねなく高い薬バンバン出してもらえるし、高い治療もしてもらえる。
しかもそこで使用される治療費、薬剤費はすべて我々の税金さ。
仕事上のストレスないからサラリーマン続けて年金もらうよりも長く生きれる…かも。

など考えてると僕の師匠の中野君がブログに「日本は住みづらいので台湾に移住する」をアップしてました。

考えることはやはり同じ。海外に移住できる人は勝ち組です。
特に日本に留まる理由がない高所得者はこれからどんどん日本を出ていくだろうな。

今はパソコン持ってれば、海外でもネット使って日本の仕事出来ますし、現地で英語や中国語の勉強出来ますし、将来日本の景気が万一良くなって戻ってきても、日本で英語喋れれば仕事たくさんあるでしょうから。

海外に移住出来ない高給与取得者(例えば、上場企業課長以上、企業に属している弁護士、会計士、弁理士や勤務医、大学教授、パイロットの皆さん)は大増税で今後も狙い撃ちされますので個人事業の副業を考えた方が良いと思います。
ちなみにアルバイトやパートは同じ給与受給者なのでダブルインカムにはなりますが、税対策にはなりませんよ。念のため。

僕も副業のホームページ制作頑張ります。
あと50件新規受注したら海外移住を考えよう。。。っていつになることやら。
まずは節税ですね。  


10/24 ショートコメント

2011年10月24日

今週のドル/円相場は介入警戒感が一段と強まるなか神経質な値動きが続くと予想。

朝方、安住財務相が「介入の準備を事務方に指示した」と発言したことを受けて、外国人投資家を中心にドル買いの動きが広がりました。

76円台で推移しているなかの介入は難しいとみられてますが、海外市場の17時以降の動きには警戒が必要です。

東京金融取引所が公表したくりっく365ベースでのドル/円の売買動向をみると、21日のドル買い35万枚と前日の28万枚から急増しており、先週末一時75.78円と最安値を更新した折、個人投資家がドルの押し目買いに動いたことがわかります。

米追加緩和観測があるため下値不安が残る面もありますが、その一方で米景気持ち直し期待も出ているため、目先は76円前後の水準でのもみあいが続きそうです。

ユーロ/ドル相場は、EFSFの規模拡大で合意に達するかどうかが最大の焦点。

合意に達すれば目先抵抗線である1.39ドルを上抜けする可能性が高いとみられます。

また市場の低い期待値を鑑みれば今回の首脳会議で大枠での合意にとどまったとしてもユーロの下げ幅は限定的の可能性あり。

米国サイドにドル売り材料が出てきたこともあり、目先はユーロの反発局面を見込みます。  


Posted by yoshi at 16:57Comments(0)株・FX・金投資

10/17 ショートコメント

2011年10月17日

ユーロ/ドル相場は反落。

ショートカバーがメインで、23日EU首脳会議を控え一段の上値追いには慎重姿勢で。

銀行の資本増強やギリシャ国債のヘアカットについては、議論が進むほど対立が深まる構図があり予断を許さない状況。

ギリシャ国債のヘアカット率は、従来の21%から50%程度へ拡大する方向で議論が進められている模様。

そんな中でフランスに注目。
フランスは自国の銀行の損失拡大につながるギリシャのヘアカット率の大幅引き上げに反対しています。

資本注入に伴う財政負担の増大が格付けに影響するおそれがあるからで、かりにフランスの「AAA」が維持されなくなった場合、ユーロは再び売り圧力が強まる公算が大きいです。  


Posted by yoshi at 18:09Comments(0)株・FX・金投資

日々雑感

2011年10月13日

3Qの始まり月で今月はとても忙しい。
社内では2人定年退職を迎えるので引継ぎもてんこ盛り。

土日は、副業のホームページ(HP)制作に追われています。
既存HP達のスマートフォン対応化をしているのと、新規受注した企業のHPの納期が11月中旬までなので、土日がほとんどない状況。

SEOは今の自分流がGoogleから一定の評価を受けているのでそれは良しとします。

来年から年収1000万超えのサラリーマンは年少扶養控除廃止にプラスして子ども手当もなくなり、所得税は増えるというモチベーションが上がらない状況が来ます。
その上、もらえる年金の年齢も引き上げられそうです。

日本でしか働けないサラリーマンは負け組か?

どのような環境になっても自分が対応変化出来ねば、今後生きていけないと感じます。
やはり本業+副業+英会話力UPという答えが今の時代にマッチしてると感じます。  


10/13 ショートコメント

2011年10月13日

ユーロ加盟国が銀行の自己資本増強で足並みを揃えつつあることで過度なリスク回避の動きが後退したことから、ユーロ/ドル相場はショートカバー先行の動きが続く見通し。

ただユーロを新規にロングするまでには至らず、買い戻し一巡後は戻り売り圧力との綱引きになると予想されている。特に国内輸出企業のユーロ売りが出やすい局面。

10/23のEU首脳会議や11/3-4のG20首脳会議を控え、欧州勢が包括的な危機対応策を打ち出すとの期待感が強まっているため、足元で売りポジションを積み上げるのはリスクが大きい。

しかし市場が期待する銀行の資本増強はそんなに簡単ではなく、実際に資本増強を行うについてハードルはかなり高い。現段階では単なる決意表明であり、今後議論が進むにつれて各国間で対立が出る可能性は高い。

よってこの半月の間に、大幅な銀行の自己資本増強と金融安定化基金(EFSF)にレバレッジをかけて規模を拡大することにメドがつけられなければ、ユーロは反落する公算が大きい。

これまでユーロには売りポジションがかなり積みあがっていたため、当局が事態の打開に向けて動き始めたことは持ち高調整のきっかけになりやすいが、ここから先はまた追加の材料待ちということになる。

基本スタンスは戻り売り継続だが、ヘッジファンドの決算期末が近づいてきたことで彼らがユーロの売りポジションを整理する動きにも注意しましょう。

豪ドルは、予想を上回る雇用統計を好感して一時買われたものの、その後は売り圧力に押される展開。

中国の貿易統計が弱かったことも売りを誘った。新興国の経済成長に伴う資源需要の拡大や健全な財政といったわかりやすい材料で人気のある豪ドルですが、購買力平価でみるとかなり割高に買われていることがわかります。特に対米ドルでのパリティ超えには割高感が強いと判断されています。  


Posted by yoshi at 19:28Comments(0)株・FX・金投資

10/7 ショートコメント

2011年10月07日

ユーロ/ドル相場は1.34ドル台前半と1週間ぶりの高値水準でもみあう展開。

欧州当局が動き始めたことが好感される一方、ギリシャ問題の落ち着きや今夜の米雇用統計を見極めるべく一段のユーロ買いには慎重姿勢が広がっています。

また9日には独仏首脳会談が予定されており、銀行の資本増強やギリシャのデフォルト問題について協議が行われる見通しで、両首脳が合意を導き出せるかに注目が集まります。

17-18日のEU首脳会議に向けて今後欧州が経済成長重視の方向に舵を切るならば、ユーロにとっては追い風になるでしょう。

今夜の米雇用統計は非農業部門雇用者数6万人増が市場予想のコンセンサス。

ただ金融などを中心としたリストラの進行がある一方、ハロウィーンやクリスマス商戦を控えた小売業での採用増加の動きがあるため、今回は市場予想を大きく上振れ、または下振れする可能性があります。

特に下振れした場合は、短期的にマーケットに与えるインパクトが大きくなる可能性があるので、ポジション管理には注意しましょう。

一旦利確して様子見するのも手と思います。  


Posted by yoshi at 19:57Comments(0)株・FX・金投資