スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

日々雑感③(山谷の宿編)

2010年03月15日

3~5月は決算期を迎え、失業や倒産を迫られる人が増えることから、自殺者が増えると言われています。
男女比でいくと、男性が7割と多く、40歳~60歳が一番多い年齢とされています。

女性より男性のほうが自殺者数が多いのは、女性はたとえ無職でも独身であっても家族や社会に組み込まれて保護される半面、男性は無職だったり独身であったりすると、社会的に孤立を余儀なくされるためと考えらています。

男性の方が意外と心がもろい生き物と思います。
しかし、体が動く限りは、人間簡単に死ぬものではないと思っています。
ホームレスの人でも強く生きているからです。

私は時々、東京の山谷(さんや)のドヤ街に泊まります。
今は仕事も少なくなりましたが、出稼ぎ労働者の街です。
定職はないけど体が動く人たちが集まります。
年齢層はかなり高めですが、最近ネットカフェから若者も流れてきているようです。
女性もいますし、女性専用の安価ホテルもあります。
夜は物騒ですので、服装もそれなりの服装で、重い荷物は持たない格好で歩きます。

最近の山谷は、バックパッカーなど外国人も多く1500円~3000円で泊まれる宿が多くあります。
部屋は2畳ほどですが、2000円~2500円出すとテレビ付きの部屋に泊まれます。
トイレ、風呂は共同です。
カプセルホテルと同じ値段で、個室に泊まれます。

ノートPCさえ持っていれば、有線LANがある部屋もあるので便利です。
AIREDGEなど無線回線(月4千円程度)を持っていれば、有線LANやテレビありの部屋を探さずとも、1500円~2000円の部屋に泊まれます。
下手にネットカフェに泊まるより安価で布団で寝れるので快適です。
ホテルによっては、アイロンも無料で貸してくれますので、シャツ類は自分で洗ってアイロンかければバッチリです。

どんな時も、ネットが利用できる環境は最低限確保しておいた方が良いでしょう。
携帯でも良いですが、生きるための情報量という意味ではやはりまだパソコンの方が情報量が豊富ではないかと思います。

体が動けば仕事が出来ます。
仕事を選ばなければ、まだまだ沢山仕事募集があります。
最初から、仕事を選んでいたら、自分に合う仕事なんてこの不況下ずっと見つかりません。

あきらめる前に、まず仕事を探しましょう。
苦手な仕事でも、クビになるまで一生懸命働くのです。
もしかしたらその仕事に合う、新しい自分が発見できるかもしれませんよ。  


日々雑感②(キャバクラ編)

2010年03月13日

女性の副業の代表格であるキャバクラ嬢。(こっちが本業の方が多いでしょうか?)
最近はキャバクラの年齢幅が広くなってきたと感じます。

女性の就職難から中卒、高卒キャバ嬢は昔から多かったですが、最近は大学生や大学卒業して企業へ就職できずにキャバへ就職というケースも多くなっているようです。

また、30代以上の子持ち独身女性も多くなったように感じます。
20代前半に結婚し、子どもが出来たのに離婚という道を選ばざるを得なかった人達が、昼の給与だけでは子どもを養えず、夜の世界へと入ってきているようです。
10年後40歳を超えたらどうするの?と聞きたいがこれは禁句です。
今を生きるのに精一杯働いているからです。

夜働く女性の人生は複雑で、ただ簡単に金が稼げるからという女性がいる半面、男や親の問題、子の教育費、借金返済、生活のためと、話を聞くととてもディープであり、その奥底に入り込むことは、単に疑似恋愛を求めている男性であれば踏み込む領域ではありません。

就職難から大学卒業後に夜の世界へ就職するケースでは、例えば、地方出身で都内大学出た女性が、就職できずに地方の田舎に帰ると、周りからヒソヒソ言われるのが嫌で、都内の風俗へと就職しているのも最近の新しい流れのようです。

昔から、女性は自身がお金に代えられる不思議な動物です。
最近ではホストクラブが出来、男も同様になっていますが、圧倒的に女性のお店が多いのは、需要と供給があっているのでしょう。

リーマンショック以後、昨年までは何とか持ちこたえていたお店も、今年初めにバタバタと閉店したと言われています。
某繁華街では居酒屋も含めて300軒近い店が今年初めに消えたという噂が流れています。

あるキャバクラ経営者の話では、最近は不況のあおりから女性の面接希望が多くなり、それ故昔よりもかわいい子や胸の大きな子を採用しやすくなったとか。つまりここでも面接があり、落ちていく子がいるという現実です。

給与面や人間関係が原因で、他店からの転職組も多く、何人の客を連れてこれるかで給与に差が出るようです。

キャバクラ嬢もソープなど風俗嬢とは一線を画しプライドがあるようですが、太客を留めるために体を張らなければならないのは風俗嬢と同じ。

指名を取れない、話ベタ、勉強しないキャバ嬢にソープやヘルスなどの風俗への転職を勧める店もあり、オーナーが風俗店など多角経営をしている場合にこの流れが強いようです。

銀座クラブ嬢は、個々が個人事業主である事を学ぶと聞きます。
自分が社長であり商品であるわけで、自分を中心としてお金の流れがあるわけです。

いわゆるお店に雇われている状態では、お客が付いていなければ、商品価値として劣悪として扱われ、代えがいくらでもいる状態です。

3月は卒業シーズンであり、また新しいメンバーが夜へと流れていくことでしょう。
それが良いか悪いかは人それぞれの生き方ですのでコメント出来ません。

昼間、町を歩くと平和な日々が流れていると錯覚しますが、生存競争は男だけでなく女も熾烈であることが分かります。

上記内容は、ブログで紹介できる内容に留めているに過ぎない内容であることを追記しておきます。また、3月は、就職や転勤、転居など、生活環境が大きく変動する時期で、自殺者数が増加する傾向があり、ここではあえて女性の仕事の一つとしてご紹介いたしました。しかし、これらの仕事を積極的に勧めるものではありません。夜の仕事は簡単に給与が得られる半面、リスクもある事をご紹介させていただきました。参考になれば幸いです。  


Posted by yoshi at 23:06Comments(2)OL・主婦の副業

デジタルFREE(無料)のうしろの罠

2010年03月08日

FREE(無料)を提供して、最終的に消費者に物を買わせる戦略は昔から存在しました。

携帯電話を無料で提供して、毎月の電話代収入を得る携帯電話会社。
安いゲーム機を販売して、高いゲームソフトを買わせるゲーム会社。
無料で情報商材をダウンロードさせ、この情報に興味がある顧客のメールアドレスをゲットする方法など。

無料にすることで、それに興味がある人が特定でき、その人たちにさらに良い物を買ってもらう。
FREE(無料)な物を提供することで、無料で興味ある層のマーケティングが出来る。

最近は、FREE(無料)の質も高くなってきました。
FREEに慣れてきた顧客。タダでも要らない物はほしがらない顧客。
そこに売る側の競争原理が働いている事を、昨今実感します。
例えば、ブログ記事もFREEです。
顧客は必要な情報を無料で入手できますし、必要でないブログには誰も来ません。
有料メルマガ、有料ブログはFREEから発展した、情報を顧客に欲しいと思わせることに成功したモノと言えます。
株の北浜氏メルマガ、ホリエモンブログなどは有料へとステップアップしています。

FREEを利用して売る側の視点で考えるならば、顧客に感動を与えるもの、欲しいと思わせるものへと変換できたものが、FREEからお金を生む戦略への成功に導かれています。
お笑い芸人、ミュージシャンなども最初はFREEで始まり、顧客に感動を与えられれば、また聴きたい、DVDを買いたいという導線を導くことが出来るでしょう。

顧客の視点で立つと、無料で有益な情報、モノであれば、もらえるものはもらう。というのが性でしょう。
しかし、その場でお金を払うだけなら良いですが、FREEをもらう時に、自分の情報まで渡している可能性がある事に注意すべきです。

住所、名前、電話番号、メールアドレスなど個人情報です。
そしてそのFREEをもらうことで、その分野にあなたが興味を持っている情報も渡してしまっています。

それらを割り切って、または知りながらFREEを貰うのと、知らないのでは大きな違いです。

特にデジタル媒体はこれからFREEが多くなってくるでしょう。
ダウンロードの際は、メールアドレスの他、もしかしたら名前まで取られるかもしれません。

対策は、FREEを貰う用の新しいメールアドレスを用意しておくこと。
タダほど恐いものはない。
次なる売り手法が待っている。FREE(無料)の裏に個人情報を狙う罠に注意しましょう。



  


確定申告終了

2010年03月01日

平成21年度の確定申告を税務署にてしてきました。

最近は国税局のネットでの申告も手軽で便利なのですが、昨年6月にHP製作会社を開業し初めての確定申告なため税理士に相談したかったので直接税務署にて申告手続きをいたしました。

給与取得者(サラリーマン)の医療費控除と株式譲渡税申告も一緒にやりました。

サラリーマン副業の場合は、住民税・事業税に関する事項で、自分で納付(普通徴収)をチェックすることが大事です。
そうしないと(特別徴収、または無記入だと)、副業で稼いでいることが会社にバレる可能性があるからです。
これは、サラリーマンで副業している人にとっては基本ですので押さえておきましょう。

私の場合は、妻を事業主としているので、基礎控除38万円を超えなければ所得税の発生はありませんし、事業所得がマイナスであれば、住民税も取られる事はないでしょう。

自宅でのネット副業といえども、地代家賃分(家賃の2~3割が相場とか)は必ず計上した方が良いですし、通信費、接待交際費、旅費交通費、広告宣伝費など経費も計上すると良いでしょう。

私の場合は、そんなに副業収入が多いわけではないので、白色申告を選びましたが、白色といえども、認められている経費の額、種類が非常に多いです。
半端な収入程度ではプラス計上にならないことを知りました。

ここで書くべきことではありませんが、税に対してガラス張りのサラリーマンと比べると、申告するとは言え、事業所得者の税は抜け道が多いことに気付きます。

特に確定申告時期は、税務署員も仕事をこなしきれておらず、書類中の領収書の確認もなく、作成した申告書の金額通りにマスター入力するのはどうなのか?と疑問を抱きました。そんなに納税者を信用してよいのか?という事です。

この多忙な時期を狙えば、領収書の確認がないのでごまかしが出来るなぁと感じた次第です。
確実に税金を取られているサラリーマンとは大きな違いだと感じました。

さて、今回私の副業収入は、名目上、妻の事業所得です。
そして妻は給与取得者ではありません。
よって住民税の(特別徴収・普通徴収)項目をノーチェックで出してみました。

私の会社の経理から問い合わせが来ても妻の事業と返答する予定なので大丈夫ですが、確定申告の結果どうなるかテストしてみました。まーあまり危険な行為なのでお勧めしませんが。私も色々知りたいので。
結果乞うご期待。

  


Posted by yoshi at 18:49Comments(0)副業の確定申告

君子危うきに近寄らずーREIT株ー

2010年03月01日

君子危うきに近寄らず
見識にすぐれ教養を身につけている者は、自らの行動を慎み、みだりに危険に近寄らない。
自分にふりかかりそうな災難は始めから避けるという意味。

株式投資の話です。
私が過去に投資していたダヴィンチ・ホールディングスが苦境に立っています。
倒産したアーバンを始め、ランドなど不動産流動REIT会社で、当時は私も将来性を評価し2005年に信用レバレッジ最大で6000万円でREIT株を購入していました。

当時は株の知識が浅くても、どの銘柄を購入しても上がっていた時代でした。
2005年末には〇千万円~億円の収益額に魅せられ、会社を辞めハワイでセミリタイアを考えたものでした。

そこへ2006年1月ライブドア事件があり、株式市場は一気に冷え込みました。
一部上場銘柄の回復は早かったですが、マザーズ、ヘラクレス株の信用は戻りませんでした。

1300万円の損失…。

証券会社からの100万円単位の不足金請求に即座に対応できずやむなく損失確定。
今思えば、強制的に手放されて正解でした。

あのまま持っていれば果てしない損失額となっていたでしょう。

時代は流れ、あの痛みを忘れまた昨今、REIT株は潰れなければ配当率が高い優良株と判断し、少額投資でも手に入る高い配当金や優待目的で購入していた人も多いことでしょう。

ここ最近の不動産価値下落と不動産売却の低迷による資金繰りの不透明化。
REIT株購入者は高配当、高優待目的のはずが、大きな損失を負ってしまったのではないでしょうか・・・?

短期間に大きく稼げるものにはとても魅力がありますが、そこに隠れているリスクに注意する必要があります。

私は2006年に高い授業料を払い勉強しました。

2005年当時活躍していて、本や雑誌に登場していた投資家達の名を最近は聞くことはありません。

「バブル」と言う言葉が、当時の投資家たちにとても当てはまります。
稼げることに踊らされ魅せられて消えていった人たち。

焦らずチャンスを待つこと…私からの投資のアドバイスです。

以下に私のお勧め投資方法をご紹介します。
①雑誌に載った銘柄は買わない。書店に並んだ時はすでに仕込まれており高値でつかむ可能性あり。
②信用取引は極力しない。安い時こそ買うチャンスなのに手放さなくてはならない状況になる。
③変動の大きな株より、安定した一部上場株。
④短期売買は、何度か勝っても、一回大きく負ければすべてなくなる。
  短期売買で通年で黒字を出し続けている人は少ない。
⑤月足はとても重要。時代は繰り返される。
 「金」は高値と判断。国内株で安くなった銘柄に時間軸をずらして購入する。
⑥1年に1~2回大暴落する時があります。流動資産を持ちそのチャンスを待つのも手です。
  ただし、底は誰にも分かりません。ある程度リバウンドしたら半分以上利益確定する事をお勧めします。
など。

  


Posted by yoshi at 10:33Comments(0)株・FX・金投資