スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

英語の先生と契約

2011年04月30日

今まで私と家族に英語を教えてくれていたメルボルン大学(オーストラリア)の先生が帰郷したので、新しい英語の先生を探し契約しました。

最終的に名門オックスフォード大(イギリス)の先生とニュージーランドの先生どちらにするか迷いましたが、教師経験の長いニュージーランド人の先生と契約しました。

小学校のALT(Assistant Language Teacher)で働いている事も採用のポイントです。

先生の紹介ページには1人2500円/時間、グループ5000円/時間と書いてありました。
私と妻、子供3人のレッスンとして2500円/時間で交渉内諾を経て契約しました。
(本当はグループ5000円以上/時間となります。このような事も交渉次第)


今後日本経済は縮小する可能性が高く国内の仕事は少なくなると考えます。
自分の子供には将来、就職で苦労させたくない事と世界観を広げる意味で英語は話せるようにさせたいです。

また私自身もいつ海外事業部に回されるかも分かりません。
企業は海外事業に力を入れており、人出が足りなくいつ異動させられるか分からないです。
上司部下に外国人が来ることも考えられますので英会話力のレベルアップは必須です。


会社から求められる英語力でも書きましたが今は企業への就職でもTOEIC点数が足切りラインとして設定されています。

英語を極める一番の早道は英語圏の友達を作る事です。
出会いを求めたい人やグループレッスン希望の人は英会話スクールで学べます。

マンツーマン(プライベート)レッスンを希望の人は、英会話スクールだと何十万円もお金がかかるので、下記サイトから自分に合った先生を探し直接契約をされると良いでしょう。

My-sensei.com

ネイティブ先生ドットコム

気にいった先生を探し仲介業者に2000円(2名まで)を支払って先生のメールアドレスを取得します。
曜日、時間を決めるだけでなく、値段の交渉もメールでやります。

先生の交通費(電車、ガソリン代や駐車場代)も含めるのかもメールで事前に決めておくとよいでしょう。

人にもよりますが30代、40代の外人先生は社会経済の話も出来るので楽しいですよ。  


株主総会に参加(財務諸表を見れるようになろう)

2011年04月28日

株主総会に参加して目の前に財務諸表(貸借対照表、損益計算書)を出された時皆さんはどこの数字を見ますか?

投資している会社の株主総会に参加しました。
ま~ひどい内容でした。自分で投資しておいて言うのも何ですが。

少ない現金(キャッシュ)に対して、大きな売掛金。
1年以内に返済義務のある流動負債に対して、少ない流動資産。

席上で私に「何かご意見はありますか?」と尋ねられましたので言いました。

昨年と比べ売掛金が大きいが回収出来ないのも入っているのでは?(回答)あります。
ではなぜ貸倒引当金に算入していないのか?(回答)…
短期ショートのリスクが大きいのでは?(回答)おっしゃる通りです。

売掛金や受取手形が貸倒れになった時に備えて貸倒引当金があります。
損金算入額を多くすると課税所得が下がり節税になります。
節税になるのに税法の限度額も計上されていない場合は、少しでも利益を多く見せる為に売掛をそのままにしている場合があります。
会社の状態を見るポイントの一つでいわゆる粉飾と呼ばれる行為です。
意図的か知らずにやっているのかも問題ですが。

チェックポイントはまずは安全性。
短期返済の必要性のある流動負債に対して流動資産があるか?
(手元流動性)
流動比率=流動資産/流動負債 (一般的に120%以上。業種により異なる)
当座比率=当座資産/流動負債 (一般的に90~100%。業種により異なる)
       当座資産=現金、手形、売掛、証券

以上で短期の安全性(健康度)を見ます。
貸借対照表と損益計算書、キャッシュフロー表で収益性と成長性を見ます。

営業所長を拝命する前に経営セミナーにおいて50社以上の財務諸表を分析しました。
健全性だけでなく企業方針も知る事が出来ます。

また会社の株を買う(株主となる)場合も財務諸表を見れるようになると良いです。

財務諸表の解説本をいくつか購入しましたが、お勧めは下記の1冊です。
「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】


  


Posted by yoshi at 17:28Comments(0)株・FX・金投資

アイデアが浮かんだら行動せよと言うが

2011年04月18日

私の今の副業は、ホームページ作成。

作成料金はほとんど貰わず、わずかな毎月の管理料のみ頂戴しています。

顧客が増えた分だけ月のベース収入が増えます。
一度契約すればほとんど解約はないので、収入に変動が少ない所が良い所です。

顧客を見つける営業は自分の得意分野なので自分でやります。
契約は結構取れるのですが、本業が忙しくて、HP作成が間に合わない。。。
というのが現状です。

最近これにあるものをプラスした事業をやってみようと思いつきました。

問題は、自分でやるか?人を雇うか?

アルバイトか?正規雇用か?

スキルは自分の今の能力では不十分です。
学習するとそれ相応の時間と労力を要します。

精通した人を雇うと一発で解決しますがお金がかかります。

安易な正規雇用は雇用し続けられなくなった時のトラブルを避けたいのが本音。
しかしバイトには任せられない専門知識が必要。

人を雇う事って難しい。
只今悩み中。

自分の情熱を注ぎ続けることができる事をひらめきました。
ワクワク病にかかりました。  


Posted by yoshi at 23:30Comments(1)サラリーマン副業

長く持つ事にリスクあり

2011年04月04日

震災後、生保や損保のRepatriation予測の影響でドル円相場は76.25円まで上昇した後、G7国際協調介入のもと円安が維持されています。

3月22日記事で次は円高注意と書きましたが、翌日高濃度の放射性ヨウ素が都心でも観測され株価急落、円はさらに安くなりました。

一時はすぐに安定するかに見えた福島原発問題は長期的な問題となり国内以上に海外では問題視され株為替の不安定要素となっています。

米がQE2を6月まで実施するのか、QE3に移行するかも今後のドル円相場を大きく揺さぶります。米連銀がドルを刷り続け米国債を買い続けている(すでに約60%を買っている)限り、米連銀がドル増刷を止めれば、米国債はいつ暴落してもおかしくない状態です。

対して日本国内も震災で国債を増やす事は避けられず、いつ円暴落が起きてもおかしくない状況であり、ドル暴落が先か、円暴落が先かという状況です。

入口タイミングが良かった人は別ですが、これから投資を考えている人は、為替、株は、長期保有を避ける事をお勧めします。どちらに変動するか分からない状況だからです。

戦争や震災等の有事の際の急落、急暴騰時はまたとない投資チャンスですが、今の状況では持ち続ける事はリスクを増やす認識が必要です。

私の震災後の投資成績は、WTI、国石開発、野村HD、三菱UFJ等で+80万、ドル円で-40万でした。
ドル円は、82円⇒83円で-40万円確定、84.5円からまた40万通貨売りポジしております。
東京電力はすべて手放しました。
日本株もまたもうひと押しする可能性があるので早期に手放す予定です。

米3月雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想以上に増加し、金利の付かない金が0.8%1428ドルと大幅下落しましたので、NY金をリスクヘッジとして検討中です。

  


Posted by yoshi at 01:08Comments(0)株・FX・金投資