スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

企業に求められるリーダーと英語能力

2010年06月23日

楽天の三木谷社長が社員全員共通言語として英語を使うように指示しました。

楽天内での社内資料やメール、日本人同士のやり取りも原則英語を使用する。
英語は昇進にも必要で入社3年目程度でTOEIC600点以上、管理職700点、執行役員候補750点以上が求められます。

英語が出来ない役員は2年後にクビにする。
三木谷社長自身は英語をしゃべれるので中国語を自分の課題として勉強中との事。

グローバル化が進む中、優秀な外国人社員を雇うためには国内でも英語を共通言語とし、中国、台湾、タイ、北米、欧州などの現地企業とのやり取りもスムーズにさせたい考えです。

他の企業はどうでしょうか?
名の知れた一部上場企業をはじめ、世界で活躍する企業のほとんどでリーダー職に英語スキルが求められはじめています。

私の本職(一部上場企業)も数年後には取締役会の言語が英語となります。

私は日常的に英字論文を読まなければならない職ですが、その論文内容を説明する相手は日本人ですので話すのは日本語ばかりです。
英語の読みは得意だが、話すのは苦手という典型的な日本人です。

しかし、企業内改革の流れは速く、遅かれ早かれ英語マスターは責務として課せられるのは時間の問題です。

今はオーストラリア人の先生に個人レッスンをしてもらっています。
英会話スクールだと恥ずかしいし、集中的に英語を学びたい、外国人の友達を作りたいという方は下記英語教師紹介サイトを利用すると良いですよ。
http://www.nativesensei.com/s-index.php#search
場所や、人数、値段(基本は決められています)なども自分で交渉できます。

企業では、新入社員も外国人を採用するケースが多くなってきており、ただでさえ厳しい就職活動競争が、日本人同士だけでなく、外国人とも競争せねばならなくなる時代が来ています。

大学生やキャリア転職組は英語スキルを上げておくと就活に役に立つでしょう。  


金価格1300ドルはアリ?

2010年06月22日

昨日は、トレード会社の方のお話をお聞きしました。
総じて私が集めている情報(今後想定されるシナリオ)と同じでありながら結果が違うというおもしろい内容となりました。

中国の人民元弾力化に伴う切り上げは、+評価と-評価に割れる展開となりましたが、もともと中国内の不動産等のインフレ懸念から元切り上げは予想されていました。人民元の切り上げによって為替介入に伴う米国債購入が減少するとの思惑から、米長期金利上昇→日米金利差拡大を背景としたドル買いの動きが強まることも想定されます。
個人的には週末のG20を控えて、中国当局のポーズであり、インフレ懸念による中国自国の問題解消と見ます。

中国の恐いところは国が主導で市場コントロールする所です。

現在の市場は、日本株特に個別銘柄のみ着目していては勝てないようになりました。
世界情勢による為替変動、国債(ソブリン)リスク、イスラエル、イラン、北朝鮮問題等を視野に投資を考えなければなりません。

以下に、トレード会社の方との意見交換で、今後想定されるシナリオとして意見が合致したものをご紹介します。あくまでも参考情報とし最終的にはご自身で判断してください。

①今回のギリシャショックで一番得をしたのは、ユーロ安で輸出増となったドイツ
②11月オバマ政権中間選挙に向け、米国はドイツを成功のモデルとして、米ドル安を演出し雇用回復と輸出増を狙う
③米国の利上げは当面ない
④ハイパーインフレにより米国債の価値を意図的に下げられるリスクは少なからずある
⑤米国デフォルトによる円高で日本は苦しむことになるかもしれない
⑥通貨不安により金買いは短期的に続く

双方とも情報入手ルートは違いますが意見の合致が結構ある事にびっくりしました。

違った点は、投資先です。
その方は、「金」を勧めます。トレード会社なので当然でしょうが。
確かに世界的な金融危機により、今回沢山刷られた貨幣(マネー)の行き先として「金」は魅力的です。
特に、ドル安やイスラエル、イランで有事があれば、今後さらに金上昇は想定できます。
しかし、すでに1250ドルを超えており、これから投資するにはリスクが高いと感じます。(個人的にですが)
過去不動産バブル、ITバブルを経験してきた私にとって、個人投資家レベルで投資先を想定できるようになった商品はすでに上がりすぎており、いつ梯子をはずされてもおかしくない状態を経験したからです。

個人的には、原油、穀物などコモディティが大変魅力です。
しかし長期投資に向いていないので私の投資方法(中長期投資)とは異なります。

市場を勉強されたい方へお勧め本を2冊ご紹介します。
この2冊の本も過程は同じでありながら、結果が違います。

証券会社、トレード会社いづれも様々な商品を勧めますが、損をしても保障してくれません。
投資は自己責任であるが故に、勉強して投資先を判断される事をお勧めします。



  


Posted by yoshi at 10:35Comments(4)株・FX・金投資

欧州デフォルトの先は?

2010年06月18日

本日の内容は市場関係者の噂話です。皆さんの投資の参考になれば幸いです。

欧州デフォルト(国家債務不履行)は、1年以上前から噂で流れていましたが、欧州、米国勢にはそれなりに備えがあり、それぞれの国でベスト・アンド・ブライテストたちが経済運営をしているから、絶対にそんなことは起きないはずだと考えていた人が多数でした。

人の予想は当たらないもので、実際5月ギリシャのデフォルト騒動を端を発しスペイン、ポルトガルと次々と欧州でのデフォルト騒動が起きています。
まさに債権債務関係にある国々同士のデフォルトドミノ現象です。

欧州勢が今回のデフォルトによるユーロ安から輸出が伸びる事で、今後もユーロ安容認論が聞こえてきます。

反面、米国はどうかというところですが、スペインとの債権債務関係にあるのが南米アルゼンチンであり、米国、英国首脳が最近アルゼンチンを訪問しているところから次なるリスクとしてアルゼンチンが考えられるのも頷けます。

アルゼンチンが仮にデフォルト騒動に巻き込まれた時、米国への影響を考えるとどうでしょうか?
1990年代半ばにメキシコデフォルト騒動で米国ドルは大きく下げた歴史を見ると、南米アルゼンチンが今回のデフォルトドミノに巻き込まれたときに米国にも飛び火しないとは言い切れないようです。

さらに現在、米国は景気後退に悩まされており、ドル安への転換がもたらす輸出増、そして雇用促進を喉から手が出るほど実現したがっている。つまり、米国勢にとってデフォルトドミノ現象によって米ドルが急落することは実のところ“大歓迎”の可能性があります。

しかし米国の画策が知られてしまうと市場に先回りされてしまうので、欧州デフォルトによる自然飛び火を演じる可能性もあります。

その”時”を予想することは、私達の資産運用においてもリスクヘッジにもなろうかと思います。

米国デフォルトは、実際デフォルトになるというのではなくて、可能性があるというだけでも市場は敏感に反応するかもしれません。

米ドル安を予想し、先んじてリスクヘッジをしておくか、または結果として公園のシーソーのように一旦は市場が混乱に陥ってもまた元に戻る可能性がありますから、逆張り狙いとして証拠金の資産を貯めておくか?という2つの投資パターンが想定できます。

これらの噂話は単なる噂話で終わる可能性も多いにあります。
起こる可能性があると思うならば、将来の投資リスクまたは、投資チャンスとして先んじて考えておくと良いかもしれません。

投資は自己責任で。  


Posted by yoshi at 11:39Comments(2)株・FX・金投資

扶養控除を増やして節税

2010年06月16日

昨年は給与以外の雑所得が増えたため、今年の税金が大変なことになってます。
そこで何とかして節税出来ないかを考えていました。


今の日本ではどんなに多く税金を支払っても、税金を少ししか支払わない人達と受ける公共サービスは同じです。
よって囁かれている「所得税の最高税率を上げる」案は、会社組織に縛られない高所得者達の海外流出を生み日本の税収入はさらに激減するでしょう。
(私は会社組織に属していますのでどんなに税金取られようと抵抗できませんし、上記は私が足元にも及ばない高所得者を例としています。)


国の所得税収入の大半が高所得者層によるものです。
会社組織に属しない高所得者層は、国内では少数派であるため、反論もせずに人知れずそっと国外移住を計画します。
私の知人の中にもすでに、香港など海外へ拠点を移す考えを持っている人が存在します。


政府がやるべきは、法人税を下げる事と消費税を上げる事。
これを実施なくして日本の財政再建は無理だと考える今日この頃です。
消費税を上げると低所得者層が損をするという考えは間違いと考えます。

今はこちらの声が大きいので、選挙を控えた民主党が票が取れないと困るので動けずにいます。
この流れは財政再建を遅らせるので良くありません。
消費税を上げる事で、沢山消費する高所得者が沢山税金を支払うので、結果低所得者層も良い社会福祉サービスを受けることが可能となり将来に安心感が出ると考えます。


一方、個人が出来る節税の一つに扶養控除を増やす事があります。
年金暮らしの両親をそのままにされていませんか?


子ども手当が新しく出来た事で廃止になる扶養控除は「15歳までの年少扶養親族」と「16~18歳一般扶養親族の上乗せ部分」のみです。
「特定、一般、老人親族」の扶養控除は現在のところは廃止ではございません。
意外とこの事を知らない方が多いようです。





例えば総所得600万円で所得税率20%住民税10%の場合、一人当たり38~56万円の控除が受けられ、実質約10万円位税金が下がる計算になります(←間違っていたらご指摘下さい)


今年私の実家の両親が事業を辞め年金暮らしとなったので二人を私の扶養に入れることにしました。
知り合いの税理士に確認したところ扶養控除の条件をクリアーとの事。
つまり76万円の控除額が増えます。
約20万円位戻ってくるでしょうか?でかいです。


ちなみに「生計を一にする親族」という条件は、必ずしも同居していなくても大丈夫です。
親族が別のところに住んでいても送金している等伝えれば良いです。
送金履歴も必要ないとの事。
ただし、親族側の所得証明が必要となる場合があります。


税法上の扶養だけでなく、健康保険の扶養を考える場合は、健保組合にもよりますが、昨今は健保、国保共に厳しいので送金履歴を求められるケースがあります。


このような社会のシステムは知らないと、払う必要のない税金を取られ損という事になります。
  


不況下は債権焦げ付きに注意

2010年06月11日

私の実家は今年前半まで商売をしておりましたが、親父も年なので商売を辞めさせました。

そこで発覚したのが、昨年末から未払いの得意先。
店舗に電話しても繋がらず、請求書を送っても返事が来ずの様子。

これは非常にマズイ状態です。

冷静に考えれば、会社の倒産が増えれば、その会社へお金を出している(投資・売掛など)の会社もあるという事です。

相手が個人であれば現金商売なので問題とならないのですが、会社相手だと月末払いなど売掛の問題が生じます。
しかも有限責任社員という所が債権者に取ってはとても不利な状態です。
社長の自宅住所が分かればまた別ですが、通常は会社住所しか分かりませんし、行方不明だと始末に負えません。
少額訴訟は出来ないので民訴となります。

このような状態になると大きな投資、売掛を持っている会社の連鎖倒産も想像できます。

人ごとだと思っていたのですが…。
幸い金額は20万円程度なので、個人事業主としてはとても辛いし悔しいですが生活まで影響があるわけではありません。

生きていると色々な出来事に直面します。

私も未公開株(非上場の会社)に50万円を投資しています。
その会社の決算報告書を見ると昨年度は赤字でしたので心配になってきました。

皆さんご自分の資産をしっかり守られていますか?
先日お話した私の知人の5億の焦げ付き…。債権者の気持になると末恐ろしい物があります。  


Posted by yoshi at 23:45Comments(0)サラリーマン副業

個人事業主は稼げている間に貯蓄をお勧め

2010年06月08日

知人の個人事業主2人が先月倒産、自己破産しました。
一人は負債5億円。もう一人は行方不明です。

つい最近までは優雅な暮らしをしていた2人でしたがびっくりしました。

今たくさん稼いでいる個人事業主の方は、将来の為に貯蓄しておくことをお勧めします。
恒久的に現在の収入がある保障はありません。

仕事のやり甲斐はサラリーマンより個人事業主の方が大きいと思います。
成功すれば年収で億稼ぐ事も可能です。
サラリーマンで1億稼ぐには、大企業の社長になるか、株、FXなどの投資で一時収入を増やす事以外ほとんど不可能です。

同じ年収1000万円で比較してもサラリーマンと個人事業主で大きく違います。

サラリーマンは税金を払ってからその残り分を受け取りそのお金で必要なものを買ったり、ローンを払ったりします。

個人事業主は、1年間の売上から経費を差し引いたら残りが1000万円ある状態です。
課税所得に対して税金がかかりますので、税金がかかる状態の時にはすでに物を購入し終わっています。

高い服を着ていたり、外車など高い車に乗っているのは同じ年収1000万でも個人事業主が圧倒的に多いです。

しかしそれが将来にわたって続くかどうか分かりません。
サラリーマンであれば、会社が倒産しない限り給与は多少上下あるものの保障されます。
しかし、個人事業主は来年でさえも今の収入が維持出来るか分かりません。

知人は、家を3つ所有しとても優雅な暮らしをしていました。
幼稚園の子供の舌も肥えており、レストランの料理を少し食べおいしくないと言い全皿一口ずつしか食べず、また食後メロンも、「オレンジ色(夕張)じゃないからいらない」と言いました。

体を壊してもサラリーマンは有給で休めますが、個人事業主だと療養中は直接収入に打撃となります。
また将来事業拡大したいなら、家計の貯蓄以外に事業の貯蓄も別に必要です。

若い人は体が動くのでこの内容は分かってもらえないかもしれませんが、健康を害してからでは遅いです。

以上の内容から、個人事業主だけとは限りませんが、元気で稼げているうちに皆さん貯蓄しておくことをお勧めします。

最後に。
日本株が下げています。投資家による信用倍率も高く、今後追証による一押しの可能性もあります。
国内企業の業績は良いのですが、外部環境による影響を受けすぎです。
月10万円、積み立て預金程度に少しずつ買い増ししています。
質問が多いのでコメントしますが、先日証券会社に証拠金として入金した1000万円はまだ動かしていません。
一気に買うのはもっと急激に下がってからです。
しばらく様子見しています。  


Posted by yoshi at 16:59Comments(4)サラリーマン副業