スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

8/31 ショートコメント

2011年08月31日

先週金曜日のジャクソンホール講演で、バーナンキFRB議長が「米国経済は直ちに刺激策が必要となるほど弱くはない」と発言したことを受け、米景気が失速しつつある懸念が和らぎ極端なドル売り・円買い圧力は後退しました。

ドル/円相場は、世界景気の先行きに対する過度な懸念が後退したことで76円半ばでの買い注文は増加傾向にあります。
ただし月末接近から輸出企業のドル売りが持ち込まれやすいため、77円を上回る水準では上値が重くなりそうです。

また財政規律重視の野田新首相が選出されたことで、デフレによる円高進行リスクは残ります。
このため週末の米経済指標が極端に悪化しなければ、ドル/円相場は徐々に下値を切り上げる可能性が高いです。

他方、豪ドルは9/1(木)に発表される中国の8月PMIの好転期待も相場を押し上げています。
豪ドル/円は82円半ばが上値抵抗の強い価格帯であるため、一段高となるにはこの水準を明確に上抜けすることが必要と考えられます。

投資は自己責任で。  


Posted by yoshi at 00:07Comments(0)株・FX・金投資

HP維持費値上げ終了と今後の対応

2011年08月30日

ホームページ(HP)の維持管理料の値上げ交渉が一段落しました。
現在手がけている会社すべてのHP管理料を値上げしました。

値上げは非常に勇気のいる行為ですが、それ以上に得意先の収益を上げているので問題なく交渉できました。

さてこのHPですが、現在PC用しか制作していません。
過去携帯電話のHPが流行りましたが、スーパーアフィリエイター中野貴利人氏に確認した所、必要なしと言われたのでそのままにしてました。

時は流れ今は携帯HPは廃れ、スマートフォン(スマフォ)の時代。
携帯HP(携帯アフィリ)に手を出さなくてよいという中野氏の「読み」は確かでした。

現在、作成しているHPにスマフォ(iPhone,iPad,Android)からの来訪者は2割近くとなり無視できない存在となりました。対策を検討中です。

携帯電話でネットを利用していた人がスマフォに移行しているようです。
つまりスマフォ利用者の多くは、webサイト閲覧+電話機能利用者が大勢です。
よって不満ない文字の大きさでHPを閲覧出来、且つタップして問い合わせ電話が出来るように対応していかなければなりません。

PC用HPと、スマフォ用HPの2つ分けるという手もあります。
今回の管理料値上げは、スマフォHP作成ソフト購入代とスクール代に当てる予定です。



  


Posted by yoshi at 23:53Comments(0)サラリーマン副業

8/26 ショートコメント

2011年08月26日

月末は国内輸出企業のドル売りの公算が大きく東京時間は売り圧力がかかりやすいです。

日本時間の今夜23時から行われるバーナンキFRB議長の講演を控え様子見姿勢が強まる一方、QE3の言及はないと考える投資家が多いことから、もはや材料視されない見方が優勢です。

内容は金融緩和姿勢の継続を示す可能性が高く、またバランスシート規模の維持に関して時間軸効果を導入することなどが見込まれてます。

ジャクソンホールでの講演はFRB議長が注目されてますが、トリシェECB総裁も講演を行います。10月の追加利上げについて関心が集まっており、利上げ期待が失われるとユーロは一段と下押し圧力が予想されます。

来週の米経済指標(ISM指数や雇用統計)、オバマ大統領による新たな雇用景気対策に市場の関心が移っています。

豪ドル/円は利下げ観測が後退し81.28円まで上昇。
欧州銀行株が下げ止まりつつあり、投資家のセンチメントが改善すればリスク通貨である豪ドルに買い戻しの動きが広がりやすいです。

81円台後半が上値の抵抗ラインで当面80~81.90円のレンジ相場が見込まれます。82円台までは戻り売り圧力が強いようです。

投資は自己責任で。

  


Posted by yoshi at 17:26Comments(0)株・FX・金投資

8/25 ショートコメント

2011年08月25日

昨日今日のドル/円相場は米格付け会社ムーディーズによる日本国債格付けを『Aa2』から『Aa3』へ1ノッチ引き下げたことは織り込み済みでした。ただアウトルックを『stable』に引き上げたことはポジティブ・サプライズで市場に安心感を与える結果となりました。

明日のバーナンキFRB議長の講演を控えて、これまでかなり悲観的な見方を相場の中に織り込んできたため、過度な悲観論のポジションを巻き戻す動きがあると考えられます。

明日の講演は「必要があれば追加緩和などの政策対応を打ち出す用意がある」スタンスの再確認するとみられますが、特に足元でインフレ率の上昇が続いていることから、QE3の実施にまで踏み込んだ発言がなされることはないと予想されます。そうなるとドル/円相場は77円台半ばぐらいまで買い戻しが進む中、本邦輸出企業などによる実需のドル売りに頭を押さえられる可能性があります。

他方、豪ドル/円はリスク選好の動きが強まるかどうかがカギで、株価が反発に転じるならば豪ドルにも買い戻しの動きが広がることが予想されてます。

ご参考まで。  


Posted by yoshi at 23:02Comments(0)株・FX・金投資

8/22 ショートコメント

2011年08月22日

日経平均は91.11円安の8,628.13円。
秋にかけては円高を背景に、3/15安値8,227円を試す可能性がありますので、注視してチャンスを狙います。
株を持っている人は世界的な株安の再来に警戒しておくべきですし、持っていない人はリーマンショック以来の数年に一度のチャンスが訪れれる可能性があります。

ドル円は円売り介入への警戒感が背景で20日NYでの安値75.93円から、東京は76.50-60円レベルで始まり、一時77.19円まで円安に振れました。

しかし欧米の景気や金融システムへの不安から円を選択する流れが止まったとは言い難いようです。

ドル円は9月にかけて75円台を試す可能性がありますので個人的に反落局面ではドルの売ポジを増やす予定です。

米国株価が再び地合いを弱める反面、米国債は格下げにも関わらず高値更新。。。

対して金は取引総量が現物対してはるかに超えた状態が続いています。
金の多くが二重三重にカウントされており、いずれ投資家がこの問題で不安を抱き、銀行に金の引き出しを求めて殺到する「金の取り付け騒ぎ」が起きる懸念が出ています。

金の取り付け騒ぎが起こり、実際の金の量が少ないことがわかった場合、すでに最高値を更新している金価格のさらに上昇する可能性がありますので落ちたところでは拾っていく予定です。  


Posted by yoshi at 22:53Comments(0)株・FX・金投資

8/19 ショートコメント

2011年08月19日

ドル/円相場は下値模索の動きが続きます。

本日はFRBの緊急ミーティング開催の噂や、アジア株式市場が下げ幅を拡大させたためドル売りの動きが強まりました。

個人投資家の押し目買いや介入警戒感で下値は支えられているものの、最安値の76.25円を下抜けするとオプショントリガーやストップロスなどで一気に76円を割り込む可能性が今後もあります。

財務省が発表した『対外および対内証券売買契約等の状況』によりますと、先週の海外投資家による日本短期債買い越し額は、週間ベースでの過去最高の約3兆円に達したとのこと。

8/4に日銀が4兆円以上と目される円売り介入を実施したにもかかわらず円高を阻止できなかったのは、海外投資家がリスク回避の目的で日本の短期国債を大量に購入していたためといえます。

日本人投資家は巨額の財政赤字を理由に円資産を敬遠する中、海外投資家はリスク分散や資産多様化の下、円資産に対して購入意欲を強めている形です。

ここ数日膠着状態が続くドル/円相場ですが、来週金曜日(8/26)のバーナンキFRB議長講演に向けてボラティリティが上昇する可能性に注意しましょう。  


Posted by yoshi at 23:11Comments(0)株・FX・金投資

8/12ショートコメント

2011年08月12日

依然円売り介入の可能性は一段と強まっていますが、政府日銀が強い姿勢を示さないので足元を見透かされている可能性があります。

欧州債務問題が金融システム不安に拡大して投資家のリスク回避が一段と強まるうえ、ユーロ/円相場の下落がドル/円の下押し圧力として働いています。

またスイス中銀がフラン高対策を打ち出しており一段とリスク回避資金が円に向かいやすくなっています。

今夜の注目材料は日本時間21時30分米小売売上高、22時55分ミシガン大学消費者信頼感指数。小売売上高は新学期セールの滑り出しがまずまずだった事から強めの数字の可能性ありますが、ミシガン大学信頼感指数は下振れする可能性があるため注意が必要です。

指数発表と株式相場の動き次第では、3/17につけた最安値76.25円を下抜けも想定されます。76.00~76.30円には大口のドル買い注文が並んでいるようですが、逆に76.00円の大口のオプショントリガーヒット仕掛けも想定されます。依然円高圧力と介入警戒でドル円取引は細かな対応が必要です。

他方、年内50ベーシスの利下げ観測が台頭した豪ドルに注目してます。
雇用統計が予想を下回ったため利下げが現実味を帯びて来ました。
8/16中銀議事録発表に注目してます。

豪ドル/円相場は目先80.40円近辺が短期的上値のメドで仮に上抜けしても81円台の戻り売り圧力が強いと考えられます。

リバウンド狙いの押し目買いスタンスで臨んでます。

投資は自己責任で
  


Posted by yoshi at 19:49Comments(2)株・FX・金投資

8/10ショートコメント

2011年08月10日

今回のFOMCを受けて米2年債利回りは一時0.15%台まで低下。

少なくとも2013年半ばまで超低金利を維持すると表明したため、ドル円は上値が圧迫されいます。

日米の2年債利回りスプレッドは0.05%を割り込んで過去最小水準にまで縮小しました。

金利差だけでみればドルキャリートレード活発化からドル/円相場は75円台へ突入してもおかしくないところです。

8/26のバーナンキFRB議長の講演によって、追加緩和の有無が示唆される可能性があり、当面は一段のドル安円高進行と介入によるドル高円安との駆け引きで売買は細かく対応する必要があります。
  


Posted by yoshi at 22:27Comments(0)株・FX・金投資

8/9 ショートコメント

2011年08月09日

世界同時株安の動きが続くなかドル/円相場はリスク回避による下押し圧力がかかりやすく、政府・日銀による為替介入が行われるかどうかが焦点です。

昨日のG7共同声明で為替介入がやりづらくなったとの見方もありますが、S&Pによる米国債格付けが引き下げられたいま、米債の買いにつながる介入に対して米国が難色を示すとは考えにくいとも考えられます。

また予算的にはまだ余裕もあり、海外の批判を無視するならば介入は依然ありです。

テクニカル的に8/4介入時の77.07銭を今日の引けで維持できるかどうかがポイントです。

以上ドル/円は介入の可能性から売り建を半分利確します。

また豪ドル/円が面白くなっていますのでこちらに参戦します。

本日豪ドル/円は78円半ばまで急落しました。

これから78.30円を明確に下抜けした場合には3/17につけた74.48円も視野に入ります。

ただ、株式相場の下落に歯止めがかかればショートカバーの動きが見込まれるため、今夜の米FOMC結果に注目です。

解約に備えたファンド勢の換金売りが一巡すれば、相場は反発に転じる可能性があります。  


Posted by yoshi at 23:45Comments(0)株・FX・金投資

どういう状態が幸せかを知る

2011年08月06日

人一倍、出世競争と年収競争に拘ってきた自分ですが最近心の変化を感じます。

夏のボーナスは、社会保険料25万、所得税45万合計70万円を国に納めました。
累進課税なので、サラリーマンでこれ以上頑張って給与(額面)を増やしても税金が増えるだけで手取りは増えないです。

トウゴーサンピン(10、5、3、1)の10のサラリーマンは税務上逃れることは出来ません。

ここから収入を増やすなら、副業で起業し半自営業者で副収入を上げる事が早道です。

ただし就業規則で副業を禁止している会社に勤めている人は細心の注意が必要です。
またアルバイト副業では同じ給与取得者なので意味がありません。
(この部分は過去記事に詳しく書いてますので参考にしてください)

自分がどんな状態になったら幸せか?に集中しましょう。
必要十分な収入で家族とゆっくり過ごす事が幸せの人が多いのではないでしょか。

出世競争、年収競争ばかりに気を取られるとうまくいかなかった時に苦しみますし、自分が本当に何をしたかったのかを見失います。

会社の人事は希望通り行かないのが常です。
出世競争に敗れ、やけ酒している会社員をみると、可哀想ですがなぜもっと違う考えをしないのだろうと思ってしまいます。

これは諦めることでありません。
自分が望んだ幸せな姿になれて満足してれば例え出世が遅れても悔しくないでしょう。

(まとめ)

会社で頑張ることは将来の安定した収入が手に入るのでお勧めです。
しかしある一定の収入になると税金ばかり増えて手取りは増えなくなります。

そうなったら自分の力で個人事業として稼ぐ事をお勧めします。
それが出来ると、出世競争、年収競争の呪縛から解放されます。

ただし個人事業主同士の年収競争も存在しますので、そこに陥らないようにしましょう。
自分がどうなったら幸せなのかを今一度考える事をお勧めします。

  


Posted by yoshi at 09:56Comments(0)サラリーマン副業