スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

パキシル40㎎断薬から3週間経過

2013年08月09日

パキシル40㎎断薬から3週間経過しました。軽いめまい、攻撃的な性格が出る、過呼吸が少し残るぐらいですが、生活に支障はありません。服薬し続けていた時よりも身体が軽く、とても気持ち良いです。

先日、職場メンバーにメンタルヘルス講習を行いました。
年代別にかかっているストレスの種類が違う事が分かりました。

20代は、恋愛、趣味、漠然とした将来の不安。
30代は、同期入社と出世スピードが変わってくる為、出世競争、結婚、育児、住宅。
40代は、出世競争も一段落し、自分の将来が見える。責任ある職位。身体の老化を感じ始める。子供の進学。親の病気
50代は、早期癌、高血圧、糖尿病など病気、老後の不安。教育費。親の死亡。相続、身内のトラブル
60代は、退職後の雇用、年金、健康問題、子供の就職。

20代は仕事の悩みがあるはずですが、我が職場は、皆和気藹々とやっているためか、上司先輩など対人面て悩んでいる若い人は少なかったです。

抗うつ薬の服薬している、又は経験のある人は、40代~60代で多い傾向でした。

特に、癌罹患者、定年後の雇用問題など自分ではどうしようもない問題に直面している人は悩みが大きいようです。子供が就職できていないなどの理由から、高齢者の再雇用契約願いが多いのですが、会社が再雇用契約する人材は、他に代えられないスキルを持つ、または後輩に良い影響を与えられる人に対してです。

いつまでも会社にすがりたい高齢社員もストレスを抱えていますが、会社の要望考えを伝えなけらばならない中間管理職の立場も非常にシンドイのです。嫌いな人、仕事をサボる人ならバッサリいけるのでしょうけど。

前の記事にも書きましたが、抗うつ薬は飲んでいる間は良いですが、いざ止める時の離脱症状がひどい劇薬です。服薬よりもまずは、カウンセリングを受けましょう。

僕の場合は、光過敏もありましたが、呂律がまわらない症状が出て、軽い脳梗塞を疑いましたが画像に出ず原因不明でした。そこで精神科に相談したところ、うつを診断されました。しかし実際は単なる老眼から来る身体異常だと分かったのは随分後でした。

抗うつ薬パキシル40mgを突然断薬して3週間目です。今は身体の調子はとても良く、バリバリ仕事してた時に戻りつつあり、服薬を止めて本当によかったと感じています。

あるがままに生きる教えの「森田療法」を分かりやすく開設されているおススメ書籍

  


パキシル・ソラナックスの断薬に挑戦中

2013年08月01日

パキシル40㎎+ソラナックス朝昼晩2錠+ハルラックの生活を2年続けました。
ここ半年間で6㎏体重増加したため、6月より筋トレを開始。

最も太った時から体重-4㎏いけたところ、パキシル服用1時間後に38.5度の発熱、全身の筋肉のこわばり、呼吸困難が出る。
胸、腹、背筋で強烈な痛みがあり、横に寝る事も出来ず、座った状態で意識を失う(気絶)。
嫁には、呼吸がおかしければ救急車を呼ぶように頼みました。
最初は筋トレによる筋肉痛の影響かなと思いましたが、添付文書をよく読むと悪性症候群らしき症状が。。。

翌朝には軽快し、普段通り仕事へ。しかし副作用の再発が怖くパキシル40㎎、ソラナックスを自己判断で断薬。

今度は抗うつ剤の離脱症状が出る。

視覚異常、めまい、ふらつき、嘔吐、頭痛、首部分の閉塞感、手足のビリビリ、筋肉痛などが出る。

ビタミン剤(特にビタミンB6含有のもの)や漢方を服用し、めまいに苦しむも仕事しながら我慢する。

断薬7日目にめまい、嘔吐がひどいためパキシル20㎎を一度だけ飲むも、また38度以上の熱発、全身筋肉痛と呼吸困難を再発。

死ぬ思いをしてもう二度と飲むまいと決意。
現在、断薬から14日目。

精神科医からは、急な断薬はしないで!と別な抗うつ剤を処方されるが、いやいやちょっと待て。

もともとは、講演会など複数人数の前で講演する時に緊張するからと、その前に頓用で飲んでた薬。

不安、緊張感を治療するからと途中から、抗うつ剤を毎日飲むようになった。しかしその時、精神科医から減薬時の離脱症状の苦しさについて説明を受けなかった。

抗うつ剤・・・慣れるまでに苦しむが、治療後にいざ減薬、断薬する時は服用開始時より強い苦痛。

昨今、心のかぜ薬として、抗うつ薬を飲む人が増えている。
さらに、テレビCMでは、肩こり眼精疲労でうつ病かもしれないから専門医を受診するように促す製薬会社CM。

おいおい。この薬は、そんなに手軽に飲むものではない劇薬ですよ。
今後も抗うつ薬から離れられない人が増えるだろうなと思う毎日です。

そうこうして何も副業に手が付けられないまま2か月過ぎていますが、報酬は毎月振り込まれている。
この副業(ホームページ制作)は僕の生活に合っているようです。