スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

12/25 ショートコメント

2011年12月25日

ドル/円相場は78.00~78.10円の狭いレンジにおけるもみあいが続く。大きなイベント・材料がないため、方向感に乏しい値動きが続く可能性が高い。ユーロ/ドル相場も膠着感の強い展開。ECBの3年物資金供給オペの結果は、ECBに依存する銀行が500行以上にのぼったことで域内の信用不安の深刻さを露呈する格好となったが“材料出尽くし”となり積極的な売買は見送られている。

ソブリン格付け引き下げに対する警戒感も強く、持ち高調整以外に目立った動きはみられない。投機筋の売りポジションが過去最高水準まで積みあがっているため、市場ではショートカバーによる相場反発が強く意識されているが、戻り局面での新規売りが増えている点には注意が必要です。売りを用いている投資家のなかにはソブリンネームの実需筋も含まれています。

他方、米景気持ち直しの動きが強まっていることから、景況感格差による“ユーロ売り・ドル買い”の動きも進みそうだ。目先はユーロの売り持ちの大きさから、ショートカバーがユーロ/ドル相場を下支えすることが想定されるが、中期的には実需の売りも加わって1.20ドルからそれ以下を目指す可能性が高いと判断する。

週明けはユーロ圏財務相会合が開催される可能性が取りざたされているが、各国政府やECBなど関係者間の足並みの乱れが続いていることがユーロの上値を圧迫すると考える。

豪ドルは、リスク資産の換金売りが一巡したことを受けて自律反発。ただラガルドIMF専務理事が「世界経済の見通しは非常に暗い」と発言しており、当面は上値の重い相場展開が続くと予想する。  


Posted by yoshi at 19:12Comments(0)株・FX・金投資

ホームページ制作会社の転換

2011年12月25日

日本全国に法人・個人あわせて9000社あると言われているホームページ制作会社。その競争は激化の一途をたどっています。僕のような副業としての参入や、異業種からの参入による制作価格の下落、ダンピングなどの逆風が強くなり、ホームページ制作会社の経営自体が危ぶまれています。

ホームページ制作はパソコン1台あれば開業できる仕事であるため、新規創業者が多いのも事実ですが、すぐに挫折する人が多いのもまた現実です。

僕のホームページ制作会社はまだ事業規模が小さいので参考にならないかもですが、売上げは順調に延び、新規受注に対して制作が間に合わない状態です。但し種々の事情で赤字会社となっています。

約2年前に開業し、今年も80万円程度で終わりそうですが、途中から全クライアントの了解を得て管理料を値上げしたのと、11月大口顧客と契約出来ましたので、来年は100万円を越える事が確定しました。まだ事業と呼べる代物ではないですが、副業としては順調です。(ちなみにこれは株やFXなどの投資損益を含めていない副収入額です)

来年は自社のホームページ(HP)を作ろうと考えてますが、全国に手を伸ばすつもりはありません。HPは、クライアントとの距離が近くなければ希望通りのものを作れないと思うからです。実際に自分で出向き、緻密に打ち合わせしなければ、HPは制作出来ません。メールや電話でのやり取りだけではどうしても不十分です。よって大切なのは、全国相手でなく、地域で長くクライアントにお役立ちをし続けることだと考えています。

また、最初に高い制作料を取って、作成後「サヨナラ」されているクライアントが多いことに驚きます。HPは作成後も、更新や検索順位の向上など作業が必要です。作られたHPは立派なのに、更新されず放置されているHPがたくさんあります。それでは高いお金を支払ったクライアントが望む集客は期待できません。

僕の場合は、最初の制作料はほとんど取りませんが、更新やSEOの仕事による毎月の管理料をきちんと頂きます。そうすることで収入が安定します。最初の何十万という高い制作料に依存すると、新規顧客が取れなくなった時が会社経営の危機になるからです。

これからのHP会社は、地域密着型で低料金で長くお付き合いできる事が求められると考えます。
  


Posted by yoshi at 18:52Comments(0)サラリーマン副業

年収1400万円サラリーマンになりました

2011年12月25日

平成23年分の源泉徴収票が届きました。昨年4月に職級が上がり、今年は1月から12月まで1年間通して、初めて今の職級の給与を貰いました。

給与賞与と各種補助も含め年収1400万円でした。

2年前の年収1200万円から200万円上がりましたが、年少扶養控除廃止と引かれた社会保障、税額を見ると手取りは半分も上がってるかどうかです…

サラリーマン収入もここまで来ると引かれる分が多く給与が上がる実感があまりありません。

以前は集中的にチャチャと仕事して残った時間は投資や副業に充てる事が出来ましたが、今は「あ~今日は何も予定がないな」と思っても部下の指導や突然のクレーム対応などで毎日が忙殺されます。

時々理不尽なむかつく命令が下り、こいつより偉くなってやろうかと考える時もありますが、自由な時間を失うだけです。最近は嫁から僕が笑わなくなったと言われました。感情も失ってるようです。

先日、年収数億円の人と会い食事する機会がありました。
上場企業で公開してるので特定出来る具体的な年収公開は避けますが、うちの社長です。さすが迫力ありました。人格も器も違います。努力してなれるものでもないですが、自分の目標ではなかったです。

組合員は人事異動に文句を言えますが、管理職は社命に逆らえません。
与えられた仕事はきちんとこなしますが、ここから先は今の日本では税金のために働くようなものなのでこれ以上の出世はもういらないと考えてます。

僕のような考えの人間が増えると日本経済にとっても良くないです。
サラリーマンが働くインセンティブを失わないような日本になる必要があると考えます。
それまで手取り収入を増やしたければ、副業で事業収入を伸ばし対応するしかないです。  


Posted by yoshi at 16:58Comments(0)サラリーマン年収

Facebook上場で1000人以上の億万長者誕生

2011年12月12日

やはり年末は忙しい。
久しぶりの記事更新がコピペで申し訳ない…デス。
どうやったら今からFacebook社員になれるでしょうか?

以下、YUCASEE MEDIAより引用。

「Facebook上場で1000人以上の億万長者誕生」

世界最大のSNSフェースブックの新規株式上場(IPO)が近づいていると言われるが、ロイター通信が少なくとも1000人以上の億万長者が誕生すると伝えている。

いったんは延期したとされたが、来年早々にも新規上場の話が浮上しており、従業員にとっては夢躍らせながら日々の仕事をしていることだろう。

フェースブック株は時価総額1000億ドル(約7兆8000億円)とも報道されている。ただし、米国の未公開株取引のシェアーズポストでは、株価から算出すると800億ドル(約6兆2000億円)近辺だと見られている。

新しく入るエンジニアには1人あたり、2000株~3万株ほど購入枠を割り当てられているともいう。6カ月間のロックアップ期間を得れば売却が可能で、宇宙旅行を考えている社員の声も紹介されている。

また、創業者マーク・ザッカーバーグ氏は、同社株20%超を保有しているとされ、時価総額から見れば200億ドルレベルだと見られる。過去には、米フォーブスが算出した数字では、175億ドルとされていた。