スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

最近の副業の状況報告

2013年09月18日

個人でホームページ制作会社を起業している方とたまに話す機会がありますが、50万円越えの高額な単発の制作を何軒受注したかなど話題になります。

専業であれば、高額なインセンティブを仕事のモチベーションとするのもありですが、制作費に重きをおいた経営は定期的に仕事を受注できる保証がないので安定しません。

私の場合は副業であるので、低額でも毎月安定した収入になる維持管理費を重要視しています。

ホームページは、制作すれば終わりという訳ではなく、そこから定期的な記事の更新や、SEOなど維持管理が必要です。

つまり仕事探しの営業から、制作、SEO、維持管理まで一連の仕事があります。

すべてを一人でこなすことも出来ますし、それぞれをプロフェッショナルとして独立して仕事することも可能です。

当然、一人ですべてこなすという事は、依頼主からのお金がすべて貰える反面、当然莫大な仕事量となります。

例えば制作費用が20万円で、記事更新やSEO対策の維持管理が2万円/月だとします。
私の場合は、副業ですので制作を外注にまわし、制作費用が入らなくても、SEO維持管理費用が定期的に入金されるようにします。

例えば維持管理費1軒で2万円/月が、10軒で20万円/月となり、安定した収入となります。

制作の仕事の外注先ですが、最近は、クラウドワークスで応募し、外注先を探しています。
特にFlash、JSなど時間がかかるものを外注します。

応募方法は、プロジェクトを掲げ、月の報酬がいくら、納期希望がいつまで、制作後の権限は当方に移行するなど、最初に打ち合わせしておけばトラブルはありません。皆さん高いスキルを持っており非常に助かります。

ただし、ここはマッチングサイトなので、契約は双方納得の上で進めなければなりません。
「クラウドワークス トラブル」で検索すると、金銭的なトラブルなどが発生しているようなので、十分な注意が必要です。


また、8月には自作のホームページが4軒、マルウェアに感染しました。
突然、海外のページに飛び、解除して欲しければお金を振り込めというものです。

感染ルートは不明でしたが、googleの指示に従い、ウィルス除去を行うことで、得意先の信頼を得ることが出来ました。

管理料をほぼ無料サービスにしていた得意先から、年間の維持管理契約をもらうなど、予定外の報酬もいただくことになりました。

今回のマルウェア感染では、相手が喜ぶことをすれば、お金はついてくるということを改めて認識した次第です。

以上最近の出来事です。




  


Posted by yoshi at 12:42Comments(2)サラリーマン副業

上場企業の平均年収

2013年09月01日

抗うつ薬、睡眠導入剤を断薬して5週間経ちました。夏の寝苦しさも加わり、夜の一回の眠りが2~3時間と短く不快ですが、2度寝すれば大丈夫。それ以外は快適な毎日で、やっと乗り越えられた感じです。

さて最近、上場企業の年収が注目を浴びてるようです。
平均年収が高い(1000万円以上)業界といえば、商社、情報通信、損生保、証券、銀行、医薬、不動産、建築などでしょうか。平均が高い業界に入社すれば、高い確率で高い収入をもらえます。

同じ会社内でも事業所、部門別に差があり、種々の補填が付く営業は平均を引き上げます。うちの会社の営業で年代別にすると下記の通り。

25歳  550万円
35歳  850万円
45歳 1200万円
55歳 1400万円
65歳  450万円

給料以外の営業日当、家賃補助、福利厚生補助を含みます。
上記は一般管理職になれる場合での平均モデルです。
また上記に部長職など役職がつくとさらに上がります。

管理職にならない場合は下記のようになります。
25歳  550万円
35歳  650万円
45歳  800万円
55歳  900万円
65歳  450万円

あとは、休みがどれくらい取れるかが重要です。
年収が高くても、夜遅く21時以降まで仕事したり、土日休日も仕事が入るなど、休みが少なければ、時間給あたりで計算すると、すごく低くなる場合があります。

逆に休日が多ければ、余暇を楽しみリフレッシュしたり、副収入でさらに収入を増やすことも可能です。

単純に会社の年収だけで、個人の総収入、満足度を判断する事はできません。

また年齢を重ねるとともに、健康であり続けられる事は難しく、途中で病気する事もあると思います。病気の度合いにもよりますが、その時に会社がどのように配慮してくれるか重要ですね。


  


Posted by yoshi at 12:50Comments(2)サラリーマン年収