スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

保険の見直しは一番の節約効果

2010年01月31日

10年前生保レディの勧めで1000万円の終身保険に入りそのまま現在に至ります。
月々25000円の掛け金。50歳になれば45000円に跳ね上がります。
予定利率は2.5%。
銀行に預けるより「マシか」と思い、そのままにしていましたが、家族が一人増えるので見直すことにしました。
家計の“仕分け”です。

保険の見直しのポイントは、「加入中の保険の保障額が本当に必要かどうか」を見定めるところから。

必要以上に保障を手厚くしている人は見直すと支出を大きく減らすことができます。
公的保障や会社の福利厚生、また、貯蓄も“保険”になるのです。
それらでもカバーできない将来の金銭的リスクのみ、必要最低限の保険で賄うのが正解です。
保険はあくまで最後の切り札であることを肝に命じたい。

ポイントは、公的保障(遺族基礎年金、中高齢寡婦加算、遺族厚生年金など)の存在を知ること。
そして、医療保障でも高額療養費制度を活用することで1カ月の治療費が100万円かかったとしても、毎月の自己負担は計9万円程度(標準世帯)で済むことを知ること。

基本お勧めは、「掛け捨て型」の保険。

キレイな生保レディの言われるがままに入るのではなく、自分で考え、ネットで生命保険を契約した方が大変節約になります。  


Posted by yoshi at 16:03Comments(0)節約