スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

給与と副業の損益通算は諦めました

2013年12月14日

給与取得控除が縮小されるようです。
年収1200万円超のサラリーマン、所得増税へ
年収1200万円以上が2016年1月から、年収1000万円以上は17年1月から。
またも増税。年収1000万以上のサラリーマンは狙い撃ちされていますね。

児童手当も所得制限に引っ掛かり、まともにもらえません。一人5000円を特例として支給しますという文言は、社保も含む税金を毎年ウン百万取っている割には、何とも上から目線で腹立たしいです。

冬のボーナスは、額面の4分の1が税金と社会保障で消えました。今年は50万円(社保20万、所得税30万)引かれました。支給額を見て愕然とします。


さて今回、本気で副業の事業を給与と通算するか検討しました。
まずは、税務署で申告用紙は、白色か青色のどちらが赤字幅を延ばせるか確認しました。
そもそも赤字の事業に青色申告特別控除65万はつかない(黒字の場合に控除)ので、赤字なら白色も青色も変わらない。手間を考えたら白色申告で十分問題ないとの事。
毎月複数の得意先から一定額の入金が入っているので事業とみなされる事。
そして、今の副業は給与と通算できることを確認しました。

あとは勤めている会社が副業を認めるかどうかですね。と言われました。
これを乗り越えるしかないです。

6月に送られてくる、「市民税・県民税、特別徴収税額の決定通知書」には、その他の所得計に赤数字、所得区分も事業に米印で入って戻って来るので、副業している事は、ほぼ会社にばれると思った方が良いでしょう。
よって、会社の上司、経理、管理、人事いづれかから指摘される恐れがあります。

しかしそもそも、どんなに経費を積み上げ事業を赤字に出来たとして通算しても戻ってくる税金は10~20万円。
個人事業なので、そんなに経費を積み上げる事が出来ません。
無理な経費の積み上げで、のちに税務調査に入られるとサラリーマンの立場では厳しいですしね。
まっとうに経費を積み上げた場合、赤字幅はそれほど増えませんでした。

10万程度の利益のために、あと20年あるサラリーマン人生を危険にさらすのか?
悩みましたが、メリットとデメリットを天秤にかけた場合、デメリットの方が大きいので、給与との通算は止めて、純粋に妻を代表とした事業として収入を伸ばすこと考えました。


  


ふるさと納税

2013年12月14日

ふるさと納税をしてみました。
http://www.furusato-tax.jp/

個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、確定申告することで税控除される制度です。ふるさと納税をおこなうと、その年の所得税と翌年度の個人住民税がそれぞれ控除されます。

所得税控除額、個人住民税控除額ともに2,000円を超える部分について対象となります。例えば4万円納税(寄附)しても、3万8千円の税金が控除されることもあります。

つまり、2,000円の負担で特産品がもらえたり、ふるさとに貢献できます。


家族構成(独身、夫婦、子供あり夫婦)と収入で、税控除額が変わります。
http://www.furusato-tax.jp/example.html
こちらのホームページ内に、エクセルファイルがあり、どれくらいまで寄付できるか試算できます。

うちは9万円分寄付しました。
鳥取、米子、北海道、岐阜、安来に寄付し特産品を選びました。
ズワイカニ、牛肉150g3枚、すきやき肉500g、地鶏、お米5㎏、ジェラート、ヨーグルト、などです。

結果、確定申告することで、8万8千円戻って来ます(多分。今回初めてなので断言は出来ません)ので、2000円で、各地域の特産品を食べる事が出来ます。

デメリットは確定申告という手間が増えます。
また、申し込みが面倒臭いです。エクセル、ワードに記入した用紙をメールで添付送信し、クレジット決済、または銀行振り込みなどで送金し、確定申告用の領収書と特産品を送ってもらいます。

我々サラリーマンは、税金を問答無用に徴収される。
使途もよく分からない所得税、住民税ならば、自分で選んで、しかも2000円以上の税金は戻ってくる上に、特産品まで手に入るシステム。

寄付したい地域で選ぶも良し、特産品で選ぶも良しです。