スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

確定申告準備中

2012年02月28日

HSBCが日本から撤退する旨の通知が来ました。
「事業再編の一環として、たいへん残念ではございますが、私どもは、日本におけるHSBCプレミアサービスのご提供を中止することを決定しました。」だそうです。
欧州債務問題、フクシマ放射能、東京直下型地震事前対策など憶測が流れてます。

また子供のための手当の所得制限が発表されました。毎年、数百万税金を支払っても、税金ゼロの人が受ける公共サービスと差はない現状、たくさん税金取られての待遇になんだかなぁという気持ちになります。

確定申告が3月15日までなので準備をしてるのですが、日頃こまめに帳簿付ける性格ではないので、時間がかかってます。取りあえず昨年の医療費合計は約30万円。うちは両親を扶養に入れているので、このように大きな数字になります。
医療費控除は、税還付なので、税金をたくさん納めている人が申告すると多く戻ってきますよ。

副業は、大赤字にしました。いえ、なりました。
今後収入が増える事が確定してるので、いきなり経費が多くなってもおかしいので来年の確定申告のための布石です。

こうやって申告準備をしていると、まだ収入を上げても赤字から脱する事はないと感じます。これはつまり個人事業主に対する税が、ゆるい証拠でもあります。

年間所得100万円の個人事業主が1200万円の中古ベンツに乗れて、年収1200万円サラリーマンはベンツは乗ろうと思えば乗れます(乗ってる人もいます)が、積極的に買おうとは思いません。
収入ー経費=所得に税金がかかる個人事業主との違いですね。
今年もサラリーマンの仕事はそこそこにして、副業収入をドンドン伸ばそうと考えます。  


Posted by yoshi at 23:25Comments(0)副業の確定申告

何が幸せなのでしょうか

2012年02月13日

歌は世につれ世は歌につれ…
学生の時、教授がカラオケで歌いながらよくこの言葉を言ってました。

昨日90年代(20年前…)によく聞いていた歌手が亡くなられました。まだ若いのに非常に残念です。この方の歌を聴くと青春時代(この言葉がまだあるか知りませんが)、楽しかった事や辛かった事(受験や恋愛など)を懐かしく思い出します。

最近は年を取ったからか、周囲でお葬式が多く、人間いつ死ぬか分からないとよく思います。そして最近、人生とお金との付き合い方についてよく考えるようになりました。

毎日仕事ばかりで老後に資産1億円と、資産が少なくても楽しい人生と、どちらが理想的なのでしょうか?

資産は多いに越したことはありませんので、働いて節約して資産を増やすことを考えることは正しい事と思います。

でももしかしたら資産が少なくても楽しい人生かもしれません。
もう少し休んだり、もう少しお金を使って人生を楽しむのもいいかなと。

保険や貯金などで長生きするリスクはヘッジ出来ます。
すぐ死ぬかもしれないリスクも考え適度にお金を使って人生を楽しむことを考えてます。  


金地金に注目

2012年02月09日

現在私の投資資金は、ユーロ、ドル、円いづれかの危機に備え昨年末に株式以外をすべて現金化しました。しかし昨年から揺れた欧州問題も春先に一段落する気配があり、そうなるとユーロが生き延びる可能性が出てきました。

突然の相場の動きに対して動かせるキャッシュは今後も保有し続けますが、今後国内における消費増税(5%⇒8%⇒10%)と円安のヘッジとして金地金の保有チャンスを伺ってます。

たとえば、金1キログラムが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払います。これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取れます。(手数料などを考慮しない)。となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かります。

金地金は、田中貴金属工業、三菱マテリアル、住友金属鉱山などの金地金商で取り扱ってますが、各社でFXでいう買値と売値の差額(スプレッド)と手数料が違います。

金の売却益は譲渡所得となりますが、この所得は50万円までなら税金はかかりません。しかし50万円を超えると超えた額に課税されますが、保有期間が5年超だと課税対象額を2分の1にできるという優遇があります。

また500g以上は手数料無料となりますので、特に多額の投資をする人は保有期間5年超を目指したほうが有利です。

相場が下がったところで買っておき、長期保有で消費税アップを待つ方法がおすすめです。
ただし、金価格が購入時より下がらないという補償はどこにもありませんので全力投資は避けましょう。今後の消費増税、円安ヘッジとして金地金を投資先の一つとして選択肢に入れる程度で良いと考えます。
(この情報はPRESIDENT online から参考にしてます)  


Posted by yoshi at 23:57Comments(0)株・FX・金投資