スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

住民税減額に成功。しかし・・・

2011年05月29日

今年1月年少扶養控除が廃止され、子供のいる家庭は所得税が増えました。
その分、子ども手当を支給されていますが、今後1万円への減額案が有力です。
また所得制限(約820万円案が有力)も設けられる可能性が高いです。
まさに国家主導の詐欺行為。

一方的に税金を多く取られるのは悔しいので、対策として我が家は昨年両親(65歳以上)の2人を扶養に入れ所得税減額に成功しました。

過去記事はこちら「扶養控除の廃止

先日、平成23年度市民税・県民税特別徴収の決定通知書が届きました。
33万円+33万円+50万円(医療費)=116万円
以上が通年よりもプラスした所得控除額です。

住民税は総所得に対する10%です。
22年度の時よりも毎月約1万円減額させることに成功しました。
総所得を減らすために控除をいかに増やすかをいつも考えます。


さて喜びもつかの間、もう一通の手紙(標準報酬月額決定通知書)が届きました。
来年の健康保険、介護保険、厚生年金保険は〇〇円ですぜという通知です。

厚生年金保険は第30級62万円を上限に上がりません。
健康保険、介護保険は第39級98万円が上限ですので、これに届かない限りは給与が上がれば保険料も上がります。

昨年は昇進で給与が上がったので健康保険が約1万円上がってました。
すなわち、住民税減額分は保険料改定であっさりと相殺されたわけです。
我が家の税金との戦いは続きます・・・   


シッカリ稼ぐ副業・内職入門が増版

2011年05月22日

月収200万アフィリエイター中野貴利人氏の著書「シッカリ稼ぐ副業・内職入門」が増版されたようです。彼の副業ブログ「副業するサラリーマン

副業というテーマは不景気な時代には必ず求められるワードで流行り廃りがありません。
本著にはたくさんの仕事が紹介されており、副業は始めたいけど何ができるかな?と考えはじめた人の入門書としてもとても参考になるでしょう。

私が、初めて彼と都内で会ったのは2009年で、まだ月収80万円アフィリエイターでした。それでもすごいなと思っていたのですが、翌年2010年には月収100万、現在2011年は月収200万アフィリエイターに成長しました。

売上が上がれば経費も上がるのが常です。
月収200万でも事業拡大や人件費、外注等で経費が多く占めれば所得は上がりません。
しかし彼の場合は人件費、管理費を低く抑えてるので、収入に対する所得率が高いです。

また私が感心しているのは彼の時間管理法です。
ネット起業家は、1日のうちでやる気になった時に仕事をし、気分が乗らない時はしない。
ダラダラとして平日と休日の区別がなくなっている人が多いです。

しかし彼は自分のルールで平日と休日を区別し、朝から夜までの時間も管理します。

漠然とお金儲けという目標を立てるのではなく、「いつ」までにこの仕事を仕上げようと期日を決める事で、遡って今のスケジュールが埋まっていく、その結果お金が着いて来るイメージです。

その自己管理のシビアさと人間性から、もし彼が事業で失敗しても私の本業会社(東証一部上場)にヘッドハントする考えでしたがその夢は叶わずじまいです。

第3版も制作中との事で非常に楽しみです。
個人的に応援している数少ないネット起業家の一人です。

本著は言葉やシステムを図で分かりやすく説明されており、副業で出来る仕事が100種類以上紹介されています。
少しですが私の事も触れてもらってます。
サラリーマンの副業だけでなく、主婦の副業にもお勧めです。
本著の口コミを見る
  


アンダーグランドで再燃している通貨戦争

2011年05月19日

メルトダウンとは、燃料の温度が2700℃ぐらいで、非常に熱い鉄の塊が「ダウン」、つまり下に下がって行くことを意味します。

定義は各説ありますが、ずいぶん前からセシウムだけでなくストロンチウム、プルトニウムなどの放射性物質が検出され、燃料溶融、炉心溶融は分かっていた事なのに何故このタイミング(3月でなく5月)で政府からメルトダウンという言葉が発せられたか?

4月末に米連銀はQE2を予定どおり6月末にやめることを発表し、買い支えを失った米国債や米国株が下落しそうだという予測が市場に広まった後、ギリシャ国債危機の再燃が起きユーロが下落しました。

他方、円は政府から浜岡原発の停止を中部電力に求め「わが国は投資に適さないから、外国の投資家は近づかない方がいいですよ」という「弱いふり」のメッセージが発せられ円安に拍車がかかりました。

5月16日米政府の財政赤字が法定上限に達しましたが緊急策により8月2日まで延命しました。しかしそれまでに米議会が財政赤字の上限の引き上げに応じない場合、米政府はこれ以上国債を発行できない状態(デフォルト)に陥ると予測されています。

米国債とドルに対する国際的な信頼が低下すると、反比例するかたちで金や原油など商品相場が上昇します。ここ数カ月米国の財政やドルは不安定になります。

今後も日本国内は急激な円高ドル安をけん制する形でネガティブな情報発信が続くと予想されます。
すでに福島第一原発の1号機だけでなく、2号機、3号機メルトダウン報道が出ています。

経済は東日本大震災の復興需要で反転が予想される一方、原発を中心としたネガティブ情報に投資家はどうすれば良いか分からなくなるおかしな現象となるでしょう。

円、米ドル、ユーロ、金、日本株は今後激しい値動きが予想されます。
世界各国の通貨安(通貨安にすると貿易黒字が大きくなる)戦略で、どのタイミングでどの国のデフォルト騒動のニュースが流れるか予測するのは非常に難しいです。

一旦現金化して方向性が決まってから投資するのも一手と思われます。  


Posted by yoshi at 00:10Comments(2)株・FX・金投資